新しい細胞で白い肌に|過去の潤いが一瞬で甦るヒアルロン酸注入が人気

過去の潤いが一瞬で甦るヒアルロン酸注入が人気

レディ

新しい細胞で白い肌に

女性

入り込んだメラニン色素

肌では、細胞分裂によって新しい細胞が頻繁に作られています。さらに、刺激を受けることでメラニン色素も作られるのですが、量が多いと、メラニン色素は新しい細胞に入り込んでしまうことがあります。メラニン色素は、細胞が古くなって肌から除去される際に、一緒に排出されます。しかし年をとると、古い細胞が除去されにくくなります。すると肌にはメラニン色素が多く残りますし、それが蓄積することでシミができます。したがってシミ対策には、古い細胞を除去することが有効と言えます。そして美容外科では、肌の深い部分で新しい細胞を増やすという、シミ対策のための治療が様々な方法でおこなわれています。新しい細胞が増えれば、その分古い細胞が内部から押し出されるようになるのです。

材料の注入と分裂の促進

シミ対策としての治療は、具体的にはEGFやFGFの注入、細胞を温める光の照射などによっておこなわれています。EGFは肌の表皮層の細胞を、FGFは真皮層の細胞を作る材料となるたんぱく質で、これらを注入すればそれだけ新しい細胞が増えやすくなります。また、細胞を温める光には、インテンスパルスライトやダイオードレーザーなどがあるのですが、これらを肌に浴びせると、温もりで細胞分裂がさかんにおこなわれるようになります。しかもメラニン色素が熱で劣化して、よりスムーズに排出されるようになるのです。こういったシミ対策のための治療を定期的に受けていれば、白い肌は高確率で維持されます。さらに、既にシミができている場合にも、これらの治療で薄くしていくことが可能となります。